• 東京建物キッズ株式会社
ごあいさつ

東京建物キッズは、日本で最も歴史のある総合不動産会社である「東京建物」と保育事業において数多くの実績を誇る「グローバルグループ」の出資により設立された保育施設の運営会社です。

私たちは「豊かに生きる力を育てる」という保育理念のもと
「思いやりのある子ども」「自分で考える子ども」「元気でたくましい子ども」「明るくのびのびとした子ども」という保育目標を掲げ保育園の運営を行っています。

乳幼児期は心身の発育・発達が著しく、子どもの成長において非常に大切な時期です。
子どもたちは周りの大人や友達との関わり・触れ合いを通じて、いろいろなことに気づき、学び、成長し、世界を広げていきます。
友達と共感したり、意見の違いに気づいたりすることで、自己主張の仕方や謝り方、協力することを学び、相手の気持ちが理解できるようになり、「社交性」「協調性」が身についてきます。
保育園において保育士や友達とごはんを食べたり、絵本を読んだり、おもちゃや遊具で遊んだりといった様々な経験を通して、子どもの体と心は日々成長していきます。

私たちは、心と体の成長の基礎を養うこの大切な時期に、大切なお子さまをお預かりする責任を重く受け止め、未来を担うお子さまが豊かに生きる力を身につけることができるよう、お子さまに寄り添いながら、お子さま一人ひとりに応じた成長のサポートをしたいと考えております。

お子さま、保護者の皆さま、そして地域の皆さまから「信頼される」保育園、「愛される」保育園を目指して、これからも努力をつづけてまいりますので、今後ともご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長

高橋 健一郎たかはし けんいちろう