理念・方針等

企業理念

信頼を未来へ
世紀を超えた信頼を誇りとし、豊かな社会づくりに貢献します

保育理念

  • こころ豊かに生きる力を育む

    子どもは自らまわりの環境に働きかけることを通して成長していきます
    私たちは、子どもたちの人間形成にとって極めて重要な乳幼児期に、「こころ豊かに生きる」ために必要となる経験を積み重ねることができるように、愛情を持って子どもの思いを十分に受け止め、子どもの主体性を尊重した保育を行ってまいります

    「こころ豊かに生きる」とは
    人・自然・モノとの関わりを大切にする
    人を思いやる心、命や人権を尊重する心、自然や美しいものに感動する心、そして感謝の気持ちを大切にし、幸せと感じ生きることだと考えます

保育方針

    • ①安心・安全を大切にします

      子ども一人ひとりの発達過程に応じた清潔で安全な環境、子どもが安心して過ごせる環境を整えます

    • ②信頼感、自己肯定感、主体性を大切にします

      子どもは安心できる環境の下で、愛情あふれる関わりを通して、自己を十分に発揮します
      愛され、受け入れられることを実感し、人に対する信頼感、自己肯定感を育み、自分でやってみようという意欲を強くします
      子どもが自分で行うことの充実感・達成感を味わえるように、温かく見守り、適切な援助を行います

      • ③あいさつ、感謝の気持ちを大切にします

        一日のはじまりは「おはよう」からはじまります
        「あいさつ」や「ありがとう」の言葉を交わすことにより親しみが増し、生活が心地よいものになります
        気持ちの良いあいさつや感謝の気持ちを大切にします

      • ④尊重する心を大切にします

        多様性を認め合い、互いを思いやる心を大切にします

保育目標

    • 自分で考え、自分で行動する子ども

    • 思いやりのある子ども

    • 自分の思いが伝えられる子ども

    • 認め合える子ども

    • たくましい子ども

大切にする姿勢

    • ①丁寧な保育

      子ども一人ひとりを尊重し、その命を守り、情緒の安定を図りながら、乳幼児期にふさわしい経験が積み重ねられるよう、保育のプロとしての自覚をもち愛情をもって応答的に関わり、丁寧に援助します

      • ②保護者・地域との連携

        保護者・地域と密接な連携を図り、相互理解を深めながら保育を行います

      • ③多様性を尊重する

        地域の文化や伝統に親しむことや、異なる文化に触れることなどを通じて、社会とのつながりや多様性に気づき、違いを認め合い、互いに尊重する心を育てます

      • ④チームワーク

        職員がお互いに尊重し合い、協力し保育を実施します